天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

フィギュア、男子SPは宇野首位/田中が2位、無良3位

2017/12/22 21:35

 男子SP 演技する宇野昌磨=武蔵野の森総合スポーツプラザ
 男子SP 演技する宇野昌磨=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 フィギュアスケートの平昌冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第2日は22日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、代表3枠を争う男子はショートプログラム(SP)で2連覇を目指す宇野昌磨がフリップ、トーループの2種類の4回転ジャンプを着氷し、96・83点で首位発進した。

 昨年2位の田中刑事が91・34点で2位、無良崇人が85・53点で3位、村上大介が80・99点で4位。2014年ソチ五輪王者の羽生結弦は右足首故障で欠場した。

 代表1枠を競うアイスダンスはショートダンス(SD)で3連覇が懸かる村元哉中、クリス・リード組がトップに立った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.