天気予報を見る
 
新聞購読申込

東京五輪、CO2排出ゼロに/組織委方針、詳細これから

2017/12/15 17:39

 建設が進められる新国立競技場=10月、東京都新宿区
 建設が進められる新国立競技場=10月、東京都新宿区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、会場建設や大会運営に伴う二酸化炭素(CO2)排出の「実質ゼロ」を目指す方針を決めた。再生可能エネルギーの利用などで、できるだけ排出を減らし、残った分は企業や自治体が過去に削減した分を活用して相殺する。地球温暖化が脅威となる中「脱炭素」をアピールする。

 ただ事務局の作業が遅れ、組織委の下部組織にこの日示された計画案には、想定される全体の排出量や対策に伴う削減量が示されず、実現の道筋は不透明だ。近く一般から意見を募る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.