天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

新国立競技場、木製いす実現せず/費用問題で大幅に縮小

2017/09/21 19:14

 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)に国産木材の座席を設置する構想が費用や工期の問題で実現せず、貴賓席のごく一部にとどまることが21日、日本スポーツ振興センター(JSC)への取材で分かった。

 政府やJSCは6万8千席のうち7800席を木製とすることを検討したが、貴賓席の中でも国賓クラスが座る「VVIP席」の268席に限定される。肘掛けや背もたれの部分に国産材を使用するという。約1400席ある貴賓席や残りの一般席はプラスチック製となる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.