天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

ストップ五輪便乗商法/規制強化へ法整備の動き

2017/08/11 18:02

 2020年東京五輪に向け、大会組織委員会が「アンブッシュ・マーケティング」と呼ばれる不正便乗商法に対する規制を強化する法整備を政府に要請していることが11日、分かった。五輪機運の高まりとともに便乗は増えるとみられ、現行法では違法かどうか線引きが難しいケースがあることから今後、法制化を巡る議論が進みそうだ。

 巨額の協賛金を支払う企業に、見返りに五輪マークなどを使った商業活動を独占的に認める「スポンサー商法」は現在の五輪ビジネスの柱。東京の組織委も既に国内スポンサーとして43社と契約し、総額2500億円以上の収入を見込む。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.