天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

サニブラウンは決勝進出/日本人14年ぶり、世界陸上

2017/08/10 05:56

 男子200メートル準決勝の2組で力走するサニブラウン・ハキーム。20秒43の2着となり、ウサイン・ボルトを抜いてこの種目史上最年少での決勝進出を果たした=ロンドン(共同)
 男子200メートル準決勝の2組で力走するサニブラウン・ハキーム。20秒43の2着となり、ウサイン・ボルトを抜いてこの種目史上最年少での決勝進出を果たした=ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】陸上の世界選手権第6日は9日、ロンドンで行われ、男子200メートル準決勝の2組でサニブラウン・ハキーム(東京陸協)は20秒43の2着となり、日本人では2003年大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来となる決勝に進出した。

 10日午後9時52分(日本時間11日午前5時52分)の決勝を18歳157日で迎えるサニブラウンは、05年大会で18歳355日だったウサイン・ボルト(ジャマイカ)を抜き、この種目史上最年少。

 1組で飯塚翔太(ミズノ)は20秒62(追い風参考)の5着に終わり、落選した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.