天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

新国立など12カ所で暑さ測定へ/東京五輪の対策本格化

2017/06/16 21:31

 2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策で、環境省が新国立競技場(新宿区)の周辺など競技会場12カ所で今夏から本格的な気象データの測定を行うことが16日、関係者への取材で分かった。気温や湿度、日差しの強さを基に熱中症の起きやすさを示す「暑さ指数」を算出し、今後の対策に反映させる。

 測定は20年大会まで開催時期に合わせて継続して実施する見通しで、救急医療体制の整備や選手や観客への情報発信につなげる。関係府省庁を集めて19日に開く暑さ対策の連絡会議で報告される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.