天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

ハンドボールは熊本県有力/五輪選手発掘の強化拠点

2017/05/19 21:38

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて全国から有望選手を発掘するスポーツ庁の「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」で、対象競技種目の強化拠点となる都道府県の公募が19日締め切られ、五輪競技のハンドボールは熊本県、ソフトボールは高知県が有力となったことが関係者への取材で分かった。22日の会議を経て正式発表される。

 飛び込みは新潟県、ボートは埼玉県、自転車は滋賀県が申請した。同プロジェクトにはメダル有望競技を増やす狙いがあり、五輪は中高生から参加を募って適性のある「金の卵」を選抜する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.