天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

ロシア資格回復、早くて11月/世界反ドーピング機関理事会

2017/05/19 10:48

 【モントリオール共同】世界反ドーピング機関(WADA)は18日、モントリオールで理事会を開き、リーディー委員長は規定を順守していない「不適格組織」としているロシアの反ドーピング機関(RUSADA)の資格回復について「再建へ取り組むべきことはまだある。(次の理事会で)回復されることを望む」と話し、早くても11月になる見通しを明かした。

 RUSADAが5月中に新会長を選任するなど一定の条件を満たせば、現在は英国の機関が代行している検査業務を、監督を受けながら6月に再開できる見通しが報告された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.