天気予報を見る
 
新聞購読申込

新国立の備品費用にくじ売り上げ/180億円充当、代々木改修も

2017/03/31 12:11

 首相官邸で開かれた新国立競技場の整備に関する関係閣僚会議=31日午前
 首相官邸で開かれた新国立競技場の整備に関する関係閣僚会議=31日午前

 政府は31日、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の整備に関する関係閣僚会議で、通信や警備関連機器を競技場に設置する費用にスポーツ振興くじ(サッカーくじ)の売り上げを充てる文部科学相の決定を報告した。費用は約180億円を見込んでいる。

 五輪のハンドボール会場となる国立代々木競技場の耐震改修工事費約120億円や、トップ選手の新たな強化拠点として整備する東京の「第2ナショナルトレーニングセンター」の用地取得費約60億円にもくじの売り上げを充当する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.