天気予報を見る
 
新聞購読申込

フィギュア女子SP、樋口9位/本郷は12位

2017/03/29 22:59

 女子SPの演技を終え、笑顔でスタンドの歓声に応える樋口新葉=ヘルシンキ(共同)
 女子SPの演技を終え、笑顔でスタンドの歓声に応える樋口新葉=ヘルシンキ(共同)

 【ヘルシンキ共同】来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権は29日、ヘルシンキで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で初出場の16歳、樋口新葉は65・87点で9位につけた。

 けがで欠場した全日本選手権3連覇の宮原知子に代わって出場した本郷理華は62・55点で12位。2月の四大陸選手権女王で初出場の17歳、三原舞依は59・59点で15位と出遅れた。五輪で最大3枠を獲得するには上位2選手の順位合計が「13」以内になる必要があり、日本勢は厳しいスタート。

 17歳のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が79・01点で首位。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.