天気予報を見る
 
新聞購読申込

横浜スタジアム6千席増へ/東京五輪見据え85億円で改修

2017/03/15 18:34

 改修後の横浜スタジアムの完成予想図(横浜DeNAベイスターズ提供)
 改修後の横浜スタジアムの完成予想図(横浜DeNAベイスターズ提供)

 プロ野球横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムの運営会社は15日、2020年東京五輪を見据え、野球・ソフトボールの主会場に正式承認された横浜スタジアムを約85億円かけて改修し、約6千席を増席する計画を横浜市に提出した。

 運営会社によると、同社が事業主となり、球場がある横浜公園を管理する横浜市と関係法令との適合性について調整を進める。市に計画が承認された場合、シーズン終了後の11月から工事を開始し、20年2月ごろまでの完成を目指す。

 計画では、バックネット裏や一、三塁側に席を増築。個室観覧席やデッキ席も設ける。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.