天気予報を見る
 
新聞購読申込

ITで選手に飲食情報を/東京五輪、初の検討会議

2017/03/13 17:25

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、選手村や競技会場での飲食提供に関する検討会議の初会合を開き、ITを活用して選手に対するメニューなどの情報提供を充実させるべきだとの意見が委員から寄せられた。食べられるのに廃棄される「食品ロス」の対策や、真夏の開催で衛生管理を徹底する必要があるとの声も出た。

 選手村の食堂は広大で、ビュッフェ形式でさまざまなメニューが提供されるため、特に視覚障害があるパラリンピック選手には利用しづらい面があるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.