天気予報を見る
 
新聞購読申込

ショート、女子リレー4年ぶり銅/スピードスケート世界選手権

2017/03/13 07:13

 女子3000メートルリレー決勝で3位に入った日本チーム(右側の5人)=ロッテルダム(ゲッティ=共同)
 女子3000メートルリレー決勝で3位に入った日本チーム(右側の5人)=ロッテルダム(ゲッティ=共同)

 【ロッテルダム(オランダ)共同】スピードスケート・ショートトラックの世界選手権最終日は12日、オランダのロッテルダムで行われ、女子3000メートルリレー決勝で伊藤亜由子、菊池純礼(ともにトヨタ自動車)斎藤仁美(オーエンス)渡辺碧(東京・武蔵野高)の日本が3位に入り、2013年大会以来4年ぶりに銅メダルを獲得した。

 日本は最後方の4番手でレースを進めたが、終盤に先頭争いをしていたオランダが転倒し、3位でゴールした。中国が優勝し、ハンガリーが2位だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.