天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

新国立競技場、仮設に100億円/サブトラック整備含む試算

2017/03/09 20:18

 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場で、本体の建設費とは別にかかる仮設整備費が招致段階で想定した38億円の2倍以上の約100億円と試算されていることが9日、分かった。陸上競技の開催に必要な練習用サブトラックの整備費が含まれるが、大会組織委員会関係者は「まだ関係機関と協議中で正確に算出していない。(サブトラックが)仮設か常設かで大きく変動する」と述べた。

 サブトラックは、陸上界が国際大会などを継続的に開催するために必要だとして常設を求めている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.