天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪ゴルフ会場、6月決着期待/聖火リレーは規定緩和検討

2017/03/02 20:02

 記者会見するIOCのコーツ調整委員長(左)と2020年東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=2日午後、東京都港区
 記者会見するIOCのコーツ調整委員長(左)と2020年東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=2日午後、東京都港区

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は2日、大会組織委員会との2日間の事務折衝を終えて東京都内で記者会見し、ゴルフ会場の霞ケ関CC(埼玉県川越市)が女性正会員を認めていない問題について「IOCは差別がないクラブでしか開催しない。6月末までに決着がつくと期待している」と述べた。

 聖火リレーで47都道府県を前提に被災地を重点的に回るため、組織委が「聖火を分けずに100日以内で行う」と定めているIOC規定の緩和を求めている点には「日本の場合、特殊な状況があるので理解したい」と検討する意向を示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.