天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

五輪マスコット検討に文化庁長官/ゲームのレベルファイブ社長も

2017/01/12 17:06

 宮田亮平・文化庁長官
 宮田亮平・文化庁長官

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、大会マスコットを選定する検討会議のメンバーを発表し、座長を務める文化庁の宮田亮平長官や、「しょこたん」の愛称で知られるタレントの中川翔子さん、「妖怪ウォッチ」を生み出したゲームソフト会社レベルファイブの日野晃博社長らが名を連ねた。17日に第1回会合を開く。

 当面は、マスコットを公募するかどうかを含め選考方法を協議し、3月末までに固めて国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に報告する。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.