天気予報を見る
 
新聞購読申込

WADA、検査のずさんさ指摘/リオ五輪報告書で

2016/10/28 11:58

 【ロンドン共同】世界反ドーピング機関(WADA)は27日、リオデジャネイロ五輪でのドーピング検査について独立監視チームがまとめた報告書を公表し、「困難な状況の中で多くの成果を上げた」とする一方、多くの不手際を指摘し、五輪期間中のずさんな検査の実態が浮き彫りになった。

 55ページに及ぶ報告書によると、対象の選手が選手村で見つからず、検査ができなかった事態が発生し、日によっては「最大50%の計画が実現しなかった」としている。

 また、約100検体がデータの入力ミスなどで選手と一致せず、所在不明になった検体もあった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.