天気予報を見る
 
新聞購読申込

重量挙げ「金」3人ら失格/ロンドン五輪の再検査で

2016/10/27 20:21

 【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)は27日、2012年ロンドン五輪のドーピング再検査で、重量挙げ女子で金メダルを獲得したカザフスタン選手3人を含む8人の違反が新たに発覚し、失格処分でメダルを剥奪すると発表した。

 カザフスタンの3人は53キロ級のズルフィア・チンシャンロ、63キロ級のマイア・マネザ、75キロ級のスベトラーナ・ポドベドワでいずれも筋肉増強作用のあるスタノゾロールなどに陽性反応を示した。

 IOCは最新の分析技術を用いて08年北京、ロンドン両五輪の検体を再検査している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.