天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪、最大200億円の削減検討/水泳とバレーの会場で東京都

2016/10/22 19:58

 2020年東京五輪・パラリンピックの水泳とバレーボールの競技会場について、東京都が14年の試算より最大で計200億円の整備費削減を検討していることが22日、都幹部への取材で分かった。

 大会の開催費用を検証している都の調査チームは、代替施設での実施も含めた両会場の抜本的な見直しを提案しており、小池百合子知事は都の検討結果も踏まえて今月中にも結論を出す考えだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.