天気予報を見る
 
新聞購読申込

IOCに「都が仮設負担」/五輪整備費、小池氏が訂正

2016/10/21 20:00

 2020年東京五輪・パラリンピックの整備費を巡り、小池百合子東京都知事が18日に国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に手渡した資料に、都内に仮設施設を整備する費用1千億〜1500億円を都が負担するとの案が記載され、資料の作成者が「知事室」となっていたことが21日、分かった。

 資料は、五輪の開催費用を検証している都の調査チームが作成したが、都の決定だと誤解を招く恐れがある。小池知事は21日の記者会見で「間違いだと思って、その場で訂正した」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.