天気予報を見る
 
新聞購読申込

バレー協会、都の聴取応じる意向/五輪会場で木村会長

2016/10/09 19:57

 日本バレーボール協会の木村憲治会長は9日、東京都の調査チームが建設中止を含む抜本的な見直し案を小池百合子知事に示した2020年東京五輪のバレーボール会場、有明アリーナについて、都が求めているヒアリングに応じる意向を示した。期日は未定。

 アルゼンチンでの国際バレーボール連盟(FIVB)総会から帰国し、成田空港で取材に応じた木村会長は「体育館をどうするかの決定権が、われわれにあるわけではない。五輪にふさわしい会場を準備してもらいたい」と語った。

 FIVBのグラサ会長にこの問題を報告すると「国際オリンピック委員会と連携して対応したい」と答えられたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.