天気予報を見る
 
新聞購読申込

24年五輪招致で第2段階/撤退表明のローマも提出

2016/10/08 09:15

 【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)は7日、2024年夏季五輪招致の立候補ファイルで政府の財政保証などを求める第2段階の期限を締め切り、パリ、ローマ、ロサンゼルス、ブダペストの4都市が提出したことを明らかにした。ローマはラッジ市長が財政難を理由に撤退を表明し、IOCにも書簡を提出したが、招致委員会は活動継続の意思を示している。

 大会運営や会場の後利用計画を記した第3段階は来年2月が提出期限。イタリアはレンツィ首相が五輪の経済効果を期待して招致を推進してきたが、ローマの市議会も9月末に立候補の取り下げを承認した。

 開催都市は来年9月に決まる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.