天気予報を見る
 
新聞購読申込

JOCが19年12月完成要望/新国立問題で五輪相に

2015/07/31 13:35

 JOCの平岡英介専務理事(右)と会談する遠藤五輪相=31日午前、東京・永田町
 JOCの平岡英介専務理事(右)と会談する遠藤五輪相=31日午前、東京・永田町

 会談前に握手する遠藤五輪相(左)と為末大氏=31日午前、東京・永田町
 会談前に握手する遠藤五輪相(左)と為末大氏=31日午前、東京・永田町

 日本オリンピック委員会(JOC)の平岡英介専務理事は31日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)の新たな建設計画策定に向けて遠藤利明五輪相と会談し、政府が20年春としている完成時期を19年12月に早めるよう要望したことを明らかにした。

 平岡専務理事は会談後に「春の完成だと五輪のテスト大会がぎりぎりになり、修正する時間がないと危惧している」と述べた。

 また、遠藤五輪相と会談した元陸上五輪選手の為末大氏は総工費の圧縮を念頭に「全部の要望を入れると、盛りだくさんになる。スポーツ界全体で我慢も必要」と指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.