天気予報を見る
 
新聞購読申込

室伏SDら静観の構え/東京五輪エンブレム問題で

2015/07/30 12:14

 【クアラルンプール共同】2020年東京五輪の公式エンブレムが、ベルギーの劇場のロゴと酷似していると取り沙汰されている問題で、大会組織委員会の室伏広治スポーツディレクター(SD)は30日、クアラルンプールで取材に応じ「国際オリンピック委員会(IOC)が事前にチェックしてOKが出ている」と強調し、静観する構えを示した。

 組織委幹部もIOCの法務部門と連携しながら適正な手続きを踏んだと説明し「権利侵害しているという認識はない。逃げも隠れもしない」と正当性を主張した。

 室伏SDは「問題があるなら改めるべきだが、皆さんで五輪を応援してもらいたい」と要望した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.