天気予報を見る
 
新聞購読申込

群抜く新国立競技場の総工費/ロンドンは828億円

2015/07/17 21:54

 2520億円に膨らんでいた新国立競技場の総工費は、過去の五輪のメーンスタジアムと比較しても群を抜く。近年の主会場は数百億円規模で、「鳥の巣」の愛称で知られる2008年北京大会は502億円、12年ロンドン大会は828億円。

 1996年アトランタ大会は計画段階から野球場への改修を前提に246億円で建設。異例の非対称形のスタジアムは大会後に米大リーグ、ブレーブスの本拠地に生まれ変わった。00年シドニーは414億円で完成し、大会後に観客席を11万人から8万人に減らし、球技やコンサートに適したスタジアムに生まれ変わらせ、開閉式屋根を設置する計画が検討されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.