天気予報を見る
 
新聞購読申込

建築家安藤氏、16日に記者会見/巨額批判の新国立問題で

2015/07/15 17:30

 建築家の安藤忠雄氏
 建築家の安藤忠雄氏

 2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の事業主体、日本スポーツ振興センターは15日、デザイン採用を決めた審査委員会で委員長を務めた建築家の安藤忠雄氏(73)が16日午前に東京都内で記者会見すると発表した。巨額の総工費や難工事を伴うデザインに批判が高まって以降、記者会見するのは初めて。

 関係者によると安藤氏が会見を希望しており、選考の経緯などを説明する見通し。新国立競技場は総工費が2520億円に膨らんだことが批判を浴びており、イラク出身の女性建築家、ザハ・ハディド氏がデザインした2本の巨大アーチが巨費の原因とされている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.