天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪想定の大会で事故、2人軽傷/ボウリング、仮設スタンド床外れ

2015/07/12 18:53

 男性2人が落下する事故があったボウリングの「ワールドオープン」の仮設観戦スタンド(奥)=12日午後、千葉市の幕張メッセ
 男性2人が落下する事故があったボウリングの「ワールドオープン」の仮設観戦スタンド(奥)=12日午後、千葉市の幕張メッセ

 2020年東京五輪で追加種目入りを目指す全日本ボウリング協会が12日に五輪本番を想定して幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催した国際大会「ワールドオープン」で、仮設観戦スタンドの金属製の床板が外れて男性2人が約1・5メートルの高さから落下し救急車で搬送された。千葉西署によると2人は腕の打撲などの軽傷を負った。

 同協会の武部勤会長は記者会見で「このようなことは決してあってはいけない。心からおわびを申し上げたい」と謝罪。

 ボウリングは五輪に採用された場合、多くの観客を収容するためにボウリング場ではなく体育館などに特設レーンや観客席を設置して競技を運営する計画。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.