天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪相、新国立の財源で協力訴え/くじ拡大念頭に

2015/07/11 18:13

 遠藤利明五輪相は11日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の建設に向け、国費以外の財源捻出に努める考えを強調した。山形市内での自民党会合で、スポーツ振興くじ(サッカーくじ)の対象拡大や寄付を念頭に「皆さんの知恵と協力を得て造らなければいけない」と訴えた。

 2520億円に膨らんだ総工費の負担をめぐっては、事務方による協議を進める方針で東京都の舛添要一知事と一致している。遠藤氏は「どれだけ出してもらえるかは調整するが、そう遠くない時期にまとまると思う」と期待感を示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.