天気予報を見る
 
新聞購読申込

新国立競技場、施工業者と初契約/大成建設に約33億円

2015/07/09 20:06

 巨額のコストに批判が集まる2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアム、新国立競技場(東京都新宿区)の建設で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は9日、施工業者と初の契約を結んだ。スタンドなどの工事を請け負う大成建設に一部資材を発注したもので、契約額は32億9400万円。10月の着工に向け、準備が本格化する。

 JSCは7日に主要関係機関のトップらで構成される有識者会議を開き、総工費2520億円に膨らんだ最終的な建設計画の概要を示して了承された。総工費の内訳はスタンドなどが1570億円、竹中工務店が請け負う予定の屋根が950億円とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.