天気予報を見る
 
新聞購読申込

新国立競技場で都負担検討チーム/五輪相、舛添知事と会談

2015/07/08 19:20

 東京都の舛添要一知事(右)と会談する遠藤五輪相=8日午後、東京都庁
 東京都の舛添要一知事(右)と会談する遠藤五輪相=8日午後、東京都庁

 遠藤利明五輪相は8日、東京都の舛添要一知事と都庁で会談し、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の建設をめぐり、東京都の費用負担の在り方を検討する作業チームを設置する方針で一致した。舛添氏は会談で「史上最高の大会にしようと準備を進めている。できるだけの協力はする」と述べ、前向きに協議する意向を示した。

 作業チームは遠藤氏の下に置かれ、文部科学省や財務省など関係府省庁と、都の事務方で構成する。近く初会合を開き、早期の結論取りまとめを目指す。

 遠藤氏は文科省と都の協議停滞を受け、下村氏から調整を一任された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.