天気予報を見る
 
新聞購読申込

右代は十種前半で4位/陸上日本選手権混成第1日

2015/07/04 19:39

 男子十種競技 右代啓祐の走り幅跳び=長野市営陸上競技場
 男子十種競技 右代啓祐の走り幅跳び=長野市営陸上競技場

 陸上の世界選手権(8月・北京)代表選考会を兼ねた日本選手権混成競技第1日は4日、長野市営陸上競技場で行われ、男子十種競技は日本記録保持者で6連覇を目指す右代啓祐(スズキ浜松AC)が、前半5種目を終えて4052点で4位だった。

 音部拓仁(富士通)が4191点でトップに立ち、アジア選手権優勝の中村明彦(スズキ浜松AC)が4149点の2位で続いた。

 女子七種競技は4種目を終え、3連覇を目指す桐山智衣(モンテローザ)が3253点でトップ。19歳のヘンプヒル恵(中大)は3242点で2位につけた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.