天気予報を見る
 
新聞購読申込

剣道世界選手権、日本男子3連覇/韓国に競り勝ち

2015/05/31 20:16

 男子団体決勝で面を決める竹ノ内佑也(左)=日本武道館
 男子団体決勝で面を決める竹ノ内佑也(左)=日本武道館

 剣道の第16回世界選手権最終日は31日、東京・日本武道館で52カ国・地域が参加して男子団体戦が行われ、決勝で日本が2―1で韓国に競り勝ち、3連覇を決めた。通算15度目の優勝で、韓国は3大会ぶりの世界一を逃した。

 日本は準々決勝でブラジル、準決勝でハンガリーを5―0で下し、危なげなく勝ち進んだ。決勝では昨年の全日本選手権を最年少で制した竹ノ内佑也(筑波大)が先鋒を務め、面で1本を奪って先行。次鋒は敗れた後、中堅の正代正博(警視庁)が小手を2本決めて勝ち越した。その後は安藤翔(北海道警)と内村良一(警視庁)がともに引き分けて逃げ切った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.