天気予報を見る
 
新聞購読申込

世界剣道男子、網代が初優勝/東京で開幕、日本はV16

2015/05/29 20:10

 男子個人決勝で竹ノ内佑也(手前)を破り、初優勝を決めた網代忠勝=日本武道館
 男子個人決勝で竹ノ内佑也(手前)を破り、初優勝を決めた網代忠勝=日本武道館

 剣道の第16回世界選手権は29日、東京・日本武道館で開幕し、男子個人戦は決勝で34歳の網代忠勝6段(兵庫県警)が昨年の全日本選手権を史上最年少で制した竹ノ内佑也4段(筑波大)を延長戦の末に破り、初出場で頂点に立った。

 網代は危なげなく勝ち進み、決勝は延長開始早々に小手を決め、第1回大会からの日本選手の連覇を16に伸ばした。

 世界選手権は3年に1度行われ、日本では1997年の京都大会以来4度目の開催。30日に女子の個人戦と団体戦、最終日の31日には男子団体戦が実施される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.