天気予報を見る
 
新聞購読申込

国立競技場の本体解体が完了/東京五輪へ建て替え中

2015/05/12 18:12

 解体作業前(左、2014年5月)と、12日にスタジアム本体が撤去された国立競技場=東京都新宿区(共同通信社ヘリから)
 解体作業前(左、2014年5月)と、12日にスタジアム本体が撤去された国立競技場=東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

 2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとして建て替えられる国立競技場(東京都新宿区)のスタジアム本体の解体作業がこのほど完了し、神宮の森に巨大な空間が広がった。事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)によると、8日にスタンドの撤去が終わり、9月末までに建物の基礎部分の取り壊しやがれき処理の終了を目指す。

 約8万人を収容する新国立競技場は10月に着工し、19年3月に完成予定。現在の建設計画には、内閣府の特別機関の日本学術会議が周辺の自然環境に配慮が足りないとして見直しを求める提言を出すなど、批判の声もある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.