天気予報を見る
 
新聞購読申込

卓球、松平・丹羽組は銅メダル/男子複、中国ペアに屈す

2015/05/02 12:08

 男子ダブルス準決勝で中国組と対戦する松平(右)、丹羽組=蘇州(共同)
 男子ダブルス準決勝で中国組と対戦する松平(右)、丹羽組=蘇州(共同)

 【蘇州(中国)共同】卓球の世界選手権個人戦第7日は2日、中国の蘇州で行われ、男子ダブルス準決勝で松平健太(JTB)丹羽孝希(明大)組が樊振東、周雨(中国)組に0―4で敗れ、決勝進出を逃した。3位決定戦はないため、日本勢として前回2013年パリ大会の岸川聖也、水谷隼組に続く2大会連続の銅メダルが決まった。

 今大会の日本勢のメダルは混合ダブルスの吉村真晴(愛知工大)石川佳純(全農)組の銀に続き2個目。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.