天気予報を見る
 
新聞購読申込

最年少と最年長選手が抱負/パラリンピック、ともに埼玉在住

2014/01/23 19:50

 ソチ冬季パラリンピックに出場する選手団の中で、最年少の村岡桃佳選手(16)(埼玉・正智深谷高2年)と、最年長の阿部敏弘選手(42)(日本身体障害者スキー協会)が埼玉県深谷市に住んでいる。2人は23日、そろって小島進市長を表敬訪問した。

 初出場の村岡選手は、にこやかな表情で「自分の中の最高の力を出したい」。5回目のパラリンピックとなる阿部選手は「最年長者として、今までの経験を生かしたい」と決意を述べた。

 小島市長は「悔いのない大会にしてほしい」とエールを送り、市のゆるキャラ「ふっかちゃん」がオリジナルトレーナーやタオルを贈呈した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.