天気予報を見る
 
新聞購読申込

バイカル湖でソチ五輪聖火リレー/潜水士、特殊トーチ使い

2013/11/23 21:50

 22日、ロシア東シベリアのウランウデ付近で行われた聖火リレー(AP=共同)
 22日、ロシア東シベリアのウランウデ付近で行われた聖火リレー(AP=共同)

 【ウラジオストク共同】来年2月に開幕するソチ冬季五輪の聖火が23日、世界で最も深く透明度が高い湖とされるシベリア・イルクーツク近郊のバイカル湖に到着した。水中でも火が消えない特殊なトーチに聖火を移したダイバーが湖に潜り、水温約5度の水中でリレーを行った。

 バイカル湖は最も深い地点で水深が1741メートルあるが、ダイバーは水深約13メートルの地点に潜ったという。

 ロシア国内の聖火リレーは約6万5千キロに及び、プーチン大統領が10月6日、モスクワ中心部の赤の広場でスタートを宣言した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.