天気予報を見る
 
新聞購読申込

新国立競技場は1852億円/五輪相、都知事に説明

2013/11/08 19:21

 東京都の猪瀬直樹知事は8日の記者会見で、2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の整備費は1852億円で、このうち建物本体に1480億円かかるとの試算を下村博文五輪担当相から提示されたことを明らかにした。

 連絡通路や地下鉄駅との接続路、公園など周辺整備費は372億円で、猪瀬氏は「都民の便益となるものは、都が負担する考えもある」と述べ、国と負担割合を協議する考えを示した。

 建物本体の建設費については「国が全額負担するのが当たり前だ」として負担しない考えをあらためて強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.