天気予報を見る
 
新聞購読申込

「東京の放射線量は変わらない」/猪瀬知事、汚染水に神経とがらせ

2013/08/30 20:13

 2020年夏季五輪の開催都市が決まる国際オリンピック委員会(IOC)総会への出席を直前に控えた東京都の猪瀬直樹知事は30日、都庁で記者会見し「東京の放射線量はニューヨーク、ロンドン、パリと全く変わらない」と力説した。

 知事は東京電力福島第1原発の汚染水問題に神経をとがらせており、都ホームページ(HP)に掲載している都内の放射線測量結果を、英語で詳細が分かるようにしたことを明らかにした。

 汚染水問題をめぐっては、23日の東京招致委員会主催の記者会見でも、外国人記者から招致への影響を聞かれ、知事は東京の安全性を強調した上で「影響はない」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.