天気予報を見る
 
新聞購読申込

猪瀬知事「皇室の存在感は重要」/彬子さまらIOC委員と懇談

2013/08/16 18:56

 2020年夏季五輪開催都市が決まる国際オリンピック委員会(IOC)総会前に故寛仁親王の長女彬子さまと高円宮妃久子さまがアルゼンチン・ブエノスアイレスでIOC委員らと懇談されることについて、東京都の猪瀬直樹知事は16日の記者会見で「皇室が存在感を示してくれることは非常に重要だ」と述べた。

 開催都市は現地の9月7日、IOC委員が東京、マドリード、イスタンブールの立候補3都市の中から投票で選ぶ。

 知事はスイス・ローザンヌで7月にあった立候補都市のプレゼンテーションでスペインのフェリペ皇太子がスピーチしたことに触れ「IOC委員に大きな感銘を与えた」と説明。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.