天気予報を見る
 
新聞購読申込

やり投げの村上、予選落ち/陸上世界選手権第6日

2013/08/15 18:00

 男子やり投げ予選 77メートル75で決勝進出を逃した村上幸史=モスクワ(共同)
 男子やり投げ予選 77メートル75で決勝進出を逃した村上幸史=モスクワ(共同)

 【モスクワ共同】陸上の世界選手権第6日は15日、モスクワで行われ、男子やり投げは2009年ベルリン大会銅メダリストで33歳の村上幸史(スズキ浜松AC)が予選で77メートル75に終わり、決勝に進めなかった。

 女子200メートル予選では福島千里(北海道ハイテクAC)が23秒85の4組6着で11年大邱大会に続く準決勝進出はならなかった。大会史上単独最多の9個目の金メダルを目指すアリソン・フェリックス(米国)は全体トップの22秒59で通過した。同走り高跳び予選の福本幸(甲南学園AC)は1メートル78で落選した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.