天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪など選手25%減へ/国際陸連、総会で方針

2013/08/07 19:55

 【モスクワ共同】国際陸連は7日、モスクワで総会を開き、2015年の世界選手権(北京)や16年のリオデジャネイロ五輪では参加標準記録を引き上げ、出場選手数をこれまでより25%程度減らす方針を示した。

 ハーシュ副会長は「より魅力的な大会にするため。変化を恐れてはならない」と説明した。同副会長は、14年に第1回大会を開催予定の世界リレー大会での上位8チームに、世界選手権や五輪の出場枠を与える計画も明らかにした。

 世界選手権は10日に開幕する第14回モスクワ大会で30周年を迎える。今大会には205カ国・地域から男子1104、女子863の計1967選手がエントリーした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.