天気予報を見る
 
新聞購読申込

競泳世界選手権、日本代表が帰国/萩野「得たものは大きい」

2013/08/07 09:49

 水泳の世界選手権から帰国し、報道陣の質問に答える萩野公介=7日午前、羽田空港
 水泳の世界選手権から帰国し、報道陣の質問に答える萩野公介=7日午前、羽田空港

 バルセロナでの水泳の世界選手権に出場した競泳日本代表の本隊が7日、羽田空港に帰国し、男子で個人6種目に出場して銀メダルを二つ獲得した18歳の萩野公介(東洋大)は「楽しかったし、悔しさもあり、いろいろ経験できた。得たものは大きかった」と、やや疲れた表情ながらも収穫を口にした。

 萩野は400メートル自由形と200メートル個人メドレーで2位に入ったが、最終日の400メートル個人メドレーで瀬戸大也(JSS毛呂山)に優勝を譲った。「最後ちょっと出し切れなかった。リベンジしたい」と巻き返しを誓った。瀬戸や北島康介(日本コカ・コーラ)はオランダなどでのW杯後に帰国。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.