天気予報を見る
 
新聞購読申込

新体操、「夜の妖精」で演技/世界選手権代表が試技会

2013/08/02 17:47

 試技会で演技する新体操日本代表の選手たち=東京都北区の国立スポーツ科学センター
 試技会で演技する新体操日本代表の選手たち=東京都北区の国立スポーツ科学センター

 新体操の世界選手権(8月28日〜9月1日・キエフ)に出場する団体の日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」が2日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で試技会を報道陣に公開し、ボール・リボンでは「夜の妖精」をテーマにした明るい音楽とコスチュームで息の合った演技を披露した。

 団体ではボール・リボンとクラブを行う。手具の投げ技や5人が連動した難度の高い技を増やした演技でまずまずの完成度を見せ、ロンドン五輪代表で主将を務める日女体大1年の畠山愛理(東京ジュニアク)は「世界選手権ではチャレンジする気持ちを持って、大きく縮こまらずに演技をしたい」と抱負を語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.