天気予報を見る
 
新聞購読申込

20年五輪へ、野球7回制を検討/試合時間を短縮

2012/12/20 08:52

 【ローザンヌ(スイス)共同】2020年夏季五輪でソフトボールとともに1競技として復帰を目指す野球が、試合時間短縮のために1試合を9回でなく、7回に短縮して実施する案を検討していることが19日、関係者の話で分かった。

 国際オリンピック委員会(IOC)は採用の条件の一つに、テレビ放送に適していることを挙げている。試合時間が長すぎるとテレビ放送に向かないため、国際野球連盟(IBAF)はソフトボールと同じ7回制と、08年北京五輪で延長十一回以降に実施した人為的に試合進行を促進するタイブレーク制の導入も検討しているという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.