天気予報を見る
 
新聞購読申込

自転車談話(閉幕)

2012/08/13 05:55

 ▽別府史之 全力は尽くせた。この4年間の自分の成長を感じた。また次のステップを目指す。

 ▽新城幸也 初めての五輪だったが自分なりの手応えはつかめた。ツール・ド・フランスなどの経験が生かせた。さらに上を目指して頑張るだけ。

 ▽萩原麻由子 途中で終わってしまったので何とも言えない。これが今の私の実力だなと思った。

 ▽新田祐大 いい経験になった。この4年間、努力はしてきたが、あらためて世界との差を痛感した。悔しいというより今のままでは全然駄目だなと強く思った。

 ▽渡辺一成 悔しさだけが残る五輪だった。緊張がすべてで、いつもの自分ではなかった。やれることはすべてやったつもりだったが、まだまだ足りなかった。

 ▽中川誠一郎 レース前は緊張というか、両肩に重りが乗っているような、初めて経験する体の重さを感じた。五輪は出場できるだけで満足と思っていたが、やはり負けると悔しい。

 ▽前田佳代乃 初めての五輪は今の自分の力の通知表を渡されたような感じ。次は絶対もっと良い点をとれるようにしたい。もっと強くなりたい。

 ▽片山梨絵 北京五輪は完走できず悔しかったが、今回は完走できて良かった。この4年間、自分に挑戦ができて楽しかった。(共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.