天気予報を見る
 
新聞購読申込

「金」の村田、プロ転向も選択肢/「これがゴールでない」

2012/08/12 11:36

 【ロンドン共同】ロンドン五輪のボクシング男子ミドル級で金メダルを獲得した村田諒太(東洋大職)は11日、今後の進路について「これがゴールではない。それがアマなのか、プロなのか、もう一回五輪を目指すのか」と述べ、プロ転向も選択肢の一つであることを認めた。

 26歳の村田は将来的に指導者になることを希望している。「まずは東洋大で一人前の職員になり、大学に貢献したい。これからの人生が僕の価値になる。恥ずかしくないように生きていく」と話した。日本勢として48年ぶりのボクシング金メダリストだけに、動向が注目を集めそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.