天気予報を見る
 
新聞購読申込

陸上談話(8日)

2012/08/09 06:56

 ▽ディーン元気(男子やり投げ)の話 試合前の練習では調子がよかったので、基本に忠実に投げればいけると思った。決勝では恐れず、自分のやるべきことをやれば結果はついてくると思う。

 ▽村上幸史(同)の話 最高のパフォーマンスをすることが狙いだったが、達成できずに終わった。本当に一瞬だった。感覚と距離がずれていた。3度目の五輪ということでしっかり経験を積んで迎えた舞台だが、終えてみてすごく難しい舞台だなと実感している。

 ▽高平慎士(男子200メートル)の話 この4年間、何をやってきたのかなというのが正直な感想。ここでやるパフォーマンスではなかった。情けないと言うしかない。五輪の怖さをあらためて知った。まだまだ世界の8人というのは遠いのかな。

 ▽高瀬慧(同)の話 力のなさを感じた。予選と雰囲気が全く違った。前半はよかったと思うが、後半になってから勝負するにはまだまだ力がないと思った。

 ▽右代啓祐(男子十種競技)の話 楽しい。こんなに声援を送られることはあまりない。日本記録を出したい。(共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.