天気予報を見る
 
新聞購読申込

陸上談話(4日)

2012/08/05 07:16

 ▽佐藤悠基(男子1万メートル)の話 最後まであきらめずに走った。自分の力不足で、皆さんが期待するような結果が出せず本当に悔しい。

 ▽藤沢勇(男子20キロ競歩)の話 (鈴木)雄介がいなくなって日本人トップになり、注目が集まって焦ってしまった。精神的に甘かった。前半はタイムを見ながら、意外と落ち着いて行けた。

 ▽西塔拓己(男子20キロ競歩)の話 至る所で歓声が上がって、すごい場所なんだと思った。楽しむというよりびびって何もできなかった感じ。次の五輪を目指して頑張りたい。

 ▽鈴木雄介(男子20キロ競歩)の話 実力がなかった。メダルを取ると心の中で思い続けてきたのが逆にプレッシャーになった。どんな結果であろうと、持てる力を出し切ろうと思った。そのレースはできた。悔いはない。(共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.