天気予報を見る
 
新聞購読申込

卓球談話(4日)

2012/08/04 20:42

 ▽宮崎義仁・男子監督の話 丹羽は最初、サーブが長く出て緊張しているかなと感じたが、途中から短いサーブを出せるようになった。岸川とのダブルスでも高い技術力で勝った。

 ▽水谷隼の話 個人戦で負けて悔しかったが、その敗戦を引きずってもいい結果が出ないので団体は切り替えた。あしたの香港戦が勝負になる。自分たちの力を発揮すれば勝てる。

 ▽岸川聖也の話 個人戦が終わって体力的にも回復したし、団体は新しい大会という気持ちで入れた。今大会初めてのダブルスで勝てたのは良かった。いいプレーをしていけばメダルにつながると思う。

 ▽丹羽孝希の話 緊張はなかったが、最初は会場の台に慣れなかった。1ゲーム目でサーブの感覚をつかんでからは大丈夫だった。自分の技術はすべて試すことができた。(共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.